593年に推古天皇の摂政に就任した聖徳太子は、遣隋使派遣や冠位十二階、十七条憲法の制定など様々な功績を残しました。

 

また、法隆寺をはじめとする数々の寺院を建立し、仏教を広める活動も行っていました。

 

更に、1度に10人の話を聞くことができるという逸話も残されています。

 

今回はそんな聖徳太子の摂政就任の概要・年号の覚え方(語呂合わせ)についてご紹介します。

 

聖徳太子の摂政就任とは?

(聖徳太子と思われる人物 出典:Wikipedia

 

 

日本における摂政(せっしょう)とは天皇がまだ幼い、女性である、病弱であるなどの理由があり、政務を行えない場合に、天皇の勅令を受け天皇に代わり政治を行う役職のことです。

 

そして、その摂政の立場に初めて立ったのが聖徳太子です。

 

聖徳太子の名は「厩戸皇子」と言い、「うまやどのおうじ」もしくは「うまやどのみこ」と読みます。聖徳太子は死後に呼ばれるようになった名称です。

 

聖徳太子は593年、歴代最初の女性天皇である推古天皇の摂政に就任します。これは「日本書紀」に記されています。

 

就任後はまだまだ豪族の権力が強い中で天皇中心の政治を実現する為、蘇我馬子と協力し多くの功績を残しました。

 

有名なのは603年の冠位十二階、604年の十七条の憲法の制定。

 

 

これにより、個人の能力が重視されるようになりました。

 

また朝廷の権威を上げる為、607年には中国に遣隋使を派遣します。

 

 

更に聖徳太子は自身が信仰する仏教を広めようと、奈良県の法隆寺や大阪府の四天王寺など数々の寺院を建設します。仏教に留まらず、神道も信仰していました。

 

聖徳太子の活躍により、天皇や王族を中心とした「中央集権国家」の確立や、飛鳥文化と呼ばれる仏教の文化ができ上がりました。

 

【聖徳太子の摂政就任の語呂合わせ】年号(593年)の覚え方!

聖徳太子の摂政就任の語呂合わせ①

摂政就任で号泣(59)聖徳太子さん(3)

 

重要なポストに就任できると嬉しいですよね。

 

聖徳太子の摂政就任の語呂合わせ②

深呼吸(59)3(3)回で摂政就任

 

役職が高いと責任も重いので緊張します。

 

聖徳太子の摂政就任の語呂合わせ③

摂政就任コックさん(593)もお祝い

 

美味しい料理でやる気を上げられたでしょうか?

 

聖徳太子の摂政就任の語呂合わせ④

摂政就任後(5)も休眠(93)は大切

 

聖徳太子の活躍を見ると寝る間もない程活動していたように感じます。

 

聖徳太子の摂政就任の語呂合わせ⑤

摂政就任ご苦(59)労さん(3)

 

天皇の代わりに国を背負うのは本当に大変だったでしょうね。

 

 

以上、聖徳太子の摂政就任の語呂合わせでした!

おすすめの記事